日焼けの基礎知識!!正しい日焼け止めの選び方とは?/豊橋のエステサロン

Pocket
LINEで送る

こんにちは

暑い日が続いていますね

水分をしっかりとって熱中症にはお気を付け下さい

外に出ると紫外線がジリジリ降り注いでいるのを

感じますね

 

眩しい

紫外線には3種類あるってご存知ですか

UVA、UVB、UVC

この3種類のうち、UVAとUVBが地球に届いています

UVBは皮膚の表面に届き、いわゆる日焼けといわれるのがUVBになります。

UVAは室内にいても届いていてお肌の細胞を壊してしまうものになります

お肌の奥まで届くのでしみやたるみの原因にもなります

 

そして日焼けにも2種類あります

紫外線を浴びた後に赤くなる日焼け

もう一つは赤くなったあとに黒くなる日焼けです

赤くなる日焼けはサンバーンと言い、水膨れやヒリヒリたりします

黒くなる日焼けはサンタンと言われています。

 

また日焼け止めにかいてある

SPF、PAもそれぞれ意味があり

SPFはUVBを防止すると言われていて50が一番強い日焼け止めです

PAはUVAを防止し+++が一番強いと言われています

 

お客様の中には普段の生活から

SPF50、PA+++を使われている方が沢山いらっしゃいますが

普段から強い日焼け止めを毎日使っていると

お肌に負担になるので

SPF20~30ぐらいのものを塗り直して使って頂くと

お肌に負担無く使えます

SPF50は海に行く、プールに行く、ゴルフに行くなど

ずっと外にいる時に使うと良いと思います

海

室内にいても紫外線は入ってきますので

お化粧をしなくても必ず日焼け止めは塗りましょう

そzひて皮膚だけでなく、目からも入ってくるので

日焼け止めや帽子日傘だけでなくサングラスもかけて

外に出る事をおすすめします

日焼けの知識を身に着けて

しっかり日焼け対策をして

この夏を乗り切りましょう