食べる紫外線対策【赤色の食材】が良い理由とは?

Pocket
LINEで送る

こんにちは

スタッフの山本です

過ごしやすいお天気ですね(^o^)

先日は運動会が行われた学校も多かったのでは

ないでしょうか?

お天気にも恵まれて絶好の運動会日和でしたね

 

そんなイベントシーズンでもありますが

夏に比べて紫外線のケアを

怠っていませんか?

秋だからといって油断大敵ですよ

 

洗濯物を干すだけだから

ちょっとそこまで行くだけだから

 

と言って何もつけない状態で外出するのも

シミ貯金を蓄積させてしまう原因になります

 

「飲む日焼け止め」として、日焼けを防ぐサプリメントが話題になりましたが、

紫外線の影響は体の内側からコントロールできるといわれています。

食べる紫外線対策には赤い食材がおすすめなんですよ

3427068_1_full_6c58832d-e47c-4a01-8682-2fa31ed20cc1_uDgKd65lkFQJagwFc0zdluGmurtTS6mj

 

 

紫外線対策

 

赤い食材が日焼け予防になる理由としては

トマトやニンジンなど赤やオレンジ色の色素を作り出す

栄養素の多くは

強い抗酸化作用があるため、肌老化を防ぎ

日焼けやシミなどを防ぐ働きがあるからです

 

~紫外線対策につながる食材~

【トマト】
トマトなどに多く含まれリコピンには強い抗酸化作用に加え、血流を改善する効果があります。

油と一緒に料理することで、リコピンがより吸収されやすくなります。

 

【スイカ、ピンクグレープフルーツ、グアバ】
これらはリコピンとともにビタミンCを豊富に含みます。

ビタミンの中でもビタミンCは紫外線ケアに良い栄養の代表格です。

非常に強い抗酸化作用がある上、メラニン色素の生成を抑制し

、色素の色を薄くするため、多くの美白化粧品にも応用されているほどの効力を持ちます。

 

【ニンジン、サツマイモ】
体内に入るとビタミンAになる橙色の色素にβ-カロテンがあります。

「カロテン」はニンジンの英語名「carrot」が語源。

それほど、ニンジンにはカロテンが多く含まれています

ビタミンAには皮膚や粘膜の新陳代謝を正常に保ち、

バリア力を保つ働きもあります。熱に強く、脂質と一緒に摂取すると吸収力が高まるので

油と一緒に調理するのがおすすめです

 

【イクラ、サケ、エビ、カニ】
これらに含まれるアスタキサンチンという赤い成分は、メラニン色素の合成を抑える効果や

優れた抗酸化作用を持ちます。アスタキサンチンは数多くある抗酸化物質成分の中でも

脳と目に働くので白内障などのトラブルを予防にもなるそうです

 

【赤唐辛子】
赤唐辛子、ニンニク、タマネギ、ブロッコリーなどに含まれるL-システインはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種です。

新しい細胞への生まれ替わりも促進するので、すでにできてしまったシミ、くすみ、

ニキビ跡に沈着した色素などの排出を促すといわれています。

さらに、抗アレルギー作用が蕁麻疹や湿疹などの症状を改善し、

またアルコールを分解する酵素を助ける作用が二日酔いを軽減します

 

 

いかがでしたか

普段から摂れている食材はありましたか?

 

私も足りていない食材はバランス良く

積極的に摂っていこうと思います

他にも紫外線予防になる食材はいろいろありますが、

まずは赤いものを摂ることを意識してみましょう

 

ご予約・お問い合わせは

0532-53-4900まで

本日の記事担当:山本