シミの種類

Pocket
LINEで送る

 

老人性色素班

 

シミの中でもっとも多いのは、紫外線が原因のシミ。

ほお骨の高いところやこめかみにできやすく、数㎜~数10㎜ほどの大きさの平坦で丸い色素班であることが多いです。

 

 

肝斑

 

頬骨や鼻の下、額に左右対称にでる濃淡の均一なシミ。

30~40代の女性によく見られ、閉経とともに消えるので、

女性ホルモンが関係していると言われています。

また、妊娠中やピルの服用中にも出現しやすくなります。

 

 

雀卵斑(ソバカス)

 

小さな斑点が鼻を中心に顔全体に散らばったように出るソバカス。

遺伝的なもので小学生ころから出るのが普通です。米粒大までの不規則な形で、

色は淡褐色。成長とともに増えたり、紫外線の影響で濃くなることもあります。

 

 

脂漏性角化症

 

皮脂分泌が盛んな顔や頭にでき、老人性色素が何年も経つうちに盛り上がってくることもあるようです。このシミは表面が平らではなく少しデコボコしてイボのようになっているのが特徴です。手の甲などにも出来ることが多いようです。

 

ADM

 

ADMは、両頬の上部に左右対称に多発する傾向にあるシミ(アザの一種)です。

メラノサイトが肌深層に存在しているのが特徴で、20~30代から発生します。

他の複数のシミと混在していることが多いためその判別は難しく、同じような場所に好発する肝斑との判別は特に難しくなります。