【温活】身体が冷えるとどうしていけないの?/豊橋のエステサロン

Pocket
LINEで送る

こんにちは

スタッフの中川です

豊橋にも雪が降りました

雪だるま

 

久しぶりの雪にテンションが上がった私たち

石塚はかわいい雪だるまを作ってくれました

 

雪が降る程寒いとやはり身体が冷えますよね

身体を冷やすと良くないというのは

皆さんよく聞かれると思いますが

どうして身体に良くないかご存知ですか

冷えイラスト

身体は冷えると血流が悪くなります

血液は酸素や身体に必要な栄養素を運び

二酸化炭素やいらなくなった老廃物を排出する役割があります

しかし身体が冷えてしまうと

栄養素がうまく届かなかったり

老廃物の排出もうまくできません

ということは栄養がないのに老廃物だけが

身体の中に溜まってしまうという事なんです

冷えがいかに身体に良くないかわかりますよね

冷え性になると太りやすく、むくみやすい体質にもなり

老廃物が溜まるとセルライトも出来てしまいます

そいった悪循環にならない為にも

早めの対策が必要なんです

 

そこでご自宅でも簡単にできる

冷え対策をご紹介します

中から温める

朝、夜白湯を飲む

身体を温める食べ物を食べる

生姜、にんにく、、レンコン、ごま、あずき、レバー、ごぼうなどを意識して摂りましょう

野菜

外から温める

湯船に浸かる

40度くらいのお湯に20分以上は浸かりましょう

お風呂

適度な運動

かかとの上げ下げやウォーキングなど出来る範囲で行いましょう

ホッカイロや腹巻を使う

特に女性は子宮があるのでお腹周り、腰回りは冷やさないようにしましょう

 

私もサロンにいる間はずっと白湯を飲んで

身体が冷えないように気を付けています

時間が無いときでもなるべく湯船に浸かり

身体を温めるようにしています

皆さんもできる事から始めて

身体を冷やさないように気を付けてくださいね

 

本日の記事担当☆中川☆