毛穴 4つの役割

Pocket
LINEで送る

毛穴が開いてしまった、どうして開いてしまうのかわからない

そういった悩みを抱えている方にとって、

毛穴という存在自体を「不要なもの」と感じてしまうかもしれません。

しかし、本来何のために毛穴があり、

どんな役割を担っているのかを知ることで正しい毛穴との付き合い方が見えてきます。

 

毛穴の役割

顔全体にある毛穴は約20万個と言われ、

その数は生まれた時からほとんど変化しません。

大人でも赤ちゃんでも同じだけの毛穴を持っているということは、

それだけ人間にとって

毛穴というものが必要であるからと言えるでしょう。

 

その理由は毛穴の4つの役割にあります。

 

①毛穴から出る皮脂が肌に膜を作ることで、

空気中のホコリや化学物質などの外的刺激から皮膚を保護する

 

②毛穴から出る皮脂の膜によって皮脂の潤いを保ち、乾燥を防ぐ

 

③毛穴から汗や皮脂と共に体内の老廃物を排出する

 

④毛穴から出される過度な皮脂が皮膚のPhバランスを保って菌の増殖を防ぐ

 

 

すっぴんで鏡を見ると気になる鼻のブツブツ

そもそもあのブツブツはなんでしょう?

 

鼻を触ったときのブツブツや黒ずみの正体は“角栓”(かくせん)です。

角栓とは、皮脂と角質が混ざり合わさったものでこれが毛穴に詰まる

事で鼻のブツブツになります。

毛穴に詰まった汚れの表面が空気に触れると酸化し、

酸化した汚れが黒く目立って見えるようになるんです。