【春の体調】“木の芽時”をご存知ですか?/豊橋のエステサロン

Pocket
LINEで送る

こんにちは スタッフの山本です

 

早いもので2月も終わり、だんだん温かい日が増えてきていますね

そんな時期は体調も崩しやすいといいうことで今回は

「春の体調」のお話です

 

梅

 

気が付くともう3月ですね

出会いや別れ、新生活などなんだか待ち遠しい季節でもあります

実はこの季節、ちょっと注意しなければならないこともあります

 

3月から4月にかけの季節を“木の芽時(このめどき)”

と言うのをご存知でしょうか?

 

木の芽

 

木の芽や虫たちが、冬を終え、動き出す季節

実はこの時期は昔から「精神的に一番バランスを崩しやすい」

と言われています。
理由のひとつは、寒暖差。

 

ずっと低かった気温が急激に温かくなったり、また寒くなったり

春の安定しない気温差がストレスとなってしまいます

それが自律神経のバランスを崩してしまい、精神的に不安定になってしまうのです。

 

猫
もともと生物は冬眠をするものであるのに、人間は冬の間も

体を休めることなく不規則な生活をしてしまうため、

春の覚醒期にうまく対応できず情緒不安定になってしまうのだとか

 

 

冬眠

 

 

やる気が出ない

疲れがとれない、体がだるい・・・昔の人はこうした春の不安定な状況を

「木の芽時」と名付けたのそうです

そして日本人は、こうした季節の変わり目に旬の食材をとり

もっとも高い栄養価を摂ることで病気を防いできました。

 

木の芽時に効果的な食べ物は、「たらの芽」「にんにくの芽」など旬の食材

また、タケノコや春キャベツなど旬なものがいいそうです

 

“木の芽時”に積極的にとりたい注目の食材

 

 

●たらの芽

タラの芽

栄養成分:カリウム、βカロテン、マグネシウム、リン、鉄分など
効能:リラックス効果、疲労回復、強壮作用など

 

●にんにくの芽

にんにくの芽

栄養成分:ビタミンA、ビタミンC、カリウム、カルシウムなど
効能:ストレス解消、疲労回復、生活習慣病予防、抗酸化作用など

 

●春キャベツ

春キャベツ

栄養成分:ビタミンC、ビタミンU、カルシウム、カロテンなど
効能:疲労回復、便秘解消、美肌効果など

 

●タケノコ

タケノコ

栄養成分:ビタミンB1,B2、カリウム、グルタミン酸、アスパラギン酸など
効能:うつ症状改善、慢性疲労症候群改善、腸内環境改善など

 

以上木の芽時におすすめな春野菜の紹介でした

旬の春野菜を食べて木の芽時を乗り越えましょう


 

2月・3月の休業日のお知らせ

 

2月

ご迷惑をおかけしますが

研修のため、28日(水)

は臨時休業となっております。

 

3月

5日(月)12(月)19(月)26(月)

臨時休業8日(木)

がお休みとなっておりますので

宜しくお願い致します

お問い合わせは0532-53-4900まで

本日の記事担当:山本