【45歳以上】の腸内細菌バランスの崩れが老化を加速する/豊橋のエステサロン

Pocket
LINEで送る

こんにちは

スタッフ藤本です

 

 

本日は【腸内細菌叢】も

老化の影響を受けるという

お話しです。

 

 

45歳以上を辞書でひくと

初老期…とあります。女性にとっては

嫌な響きですが、確実に老いが

近づきつつある世代という事に

気付き対策をし始める時期という

意味でもあるかと思います

 

 

 

45歳を過ぎると老いは

腸内フローラ(腸内細菌叢)でも

始まっています。

 

 

若い時より、まず全体の菌の数が

やや減少し、善玉菌の代表である

ビフィズス菌が検出されない人

出てきます

 

 

善玉菌の種類も減り、逆に悪玉菌の代表

ウェルシュ菌が多く検出されるように

なります。悪玉菌の菌数も著しく

増加するのだそうです。

 

悪玉菌

 

悪玉菌の代表である

ウェルシュ菌、大腸菌、腸球菌の

増加の傾向がみられるのは

腸内フローラの老化と言えるの

だそうです

 

 

 

私たちの身体の老化

腸内フローラにも影響を与え

腸内が衰える(老化する)ことで

さらなる身体の老化を促進する

悪循環…本当に怖い事ですよね

 

 

どの世代の方も気をつけた方が

良い事ですが、45歳を過ぎたら

特に腸が衰えないようにケアして

いきたいですね

 

【腸セラピー】ダイエット菌は簡単に増やせる?

【腸セラピー】人の名前が出てこない原因?

【腸セラピー】キャンペーンのお知らせ

 

 

 

腸ケアのお問い合わせ&ご予約は

☎0532-53-4900まで

お気軽にお問い合わせください

ガラス体験 スタッフ

 

(本日の記事:藤本)