【育毛】にもダイエットにも抗糖化が有効(?_?)/豊橋のエステサロン

Pocket
LINEで送る

こんにちは

スタッフ藤本です

 

 

本日は【薄毛】【抜け毛】にも

ダイエットにも美肌にも

認知症にも関係してくる

からだの糖化について

お話します。

 

 

糖化とは、身体の中で

「タンパク質」「余分な糖」が結びついて

タンパク質が変性、劣化して

AGEs(糖化最終生成物)

という名前の老化物質を生む

反応をいいます。

 

 

 

この老化物質AGEs(糖化最終生成物)

は分解されにくく、蓄積されると肌や

髪、骨など全身の老化を促進させ

美容だけでなく体調不良や様々な

病気(糖尿病、高血圧、がん等)とも

関係しているのだそうです

焦げた

 

 

体温の熱が糖化の引き金になる事から

雑誌などで身体が「サビる」「焦げる」とも

表現されたりします。

こんがり美味しく焼けたパンは美味しいですが

人の体内で起こると下の骨のようになって

しまいます

 

 

 

 

実際に骨が糖化反応でAGEs(糖化最終生成物)

が蓄積してしまうと、骨は過度に老化して写真の

ように褐色の状態になってしまうのだそうです

糖化した骨

 

 

 

糖化

 

薄毛、抜け毛

皮膚の老化(シミ、シワ、たるみ)

メタボリック症候群(肥満)

免疫力の低下

骨粗鬆症

動脈硬化

白内障

 

など様々な老化現象にかかわる

遺伝子のスイッチを押してしまう

働きがあるのだそうです

 

 

 

 

アンチエイジングに関心のある方には

とっても見過ごせない糖化

 

生きていれば避けられない事ですが

いま以上に促進させないよう

次のような事に気をつけるいいと

言われていますので参考に

されてみてくださいね

 

 


 

 

【糖化しない生活習慣】

 

①軽めの朝食を食べる

 

②血糖値を上げやすい食品を減らす

 

③ベジタブルファーストで食べる

ベジファースト

④異性化糖(コーンシロップ、

果糖ブドウ糖液糖)をたくさん

含む食品を控える

 

⑤肥満を避ける

 

⑥筋トレやウォ―キングなど

基礎代謝を上げる運動をする。

 

⑦質のいい睡眠をとる(6時間以上)

 

⑧アルコールを控える

 

⑨タバコをやめる

糖化3

⑩抗酸化物質を活用する

 

 

 

【オリジナルダイエット】で-19㎝♪

【ドールスキン脱毛】ブライダルで気になるうなじと背中

【頭皮の臭い】お父さんの頭の臭いが…。

 

(本日の記事担当:藤本)