3種類のクマの原因と自宅で出来る簡単ケアをご紹介☆/豊橋のエステサロン

Pocket
LINEで送る

こんにちは

スタッフの中川です

今日は目元のクマについてお話させて頂きます

目元

寝不足や疲れが溜まってくると

目の下が暗くなったり影になって見える事ありませんか

これがクマになります

クマにも大きく分けて3種類あります

1つ目が青クマ

青クマは目の周りの血液が滞り、毛細血管が透けて青っぽく見えるのが

青クマです

原因は冷え、生活習慣の乱れ、睡眠不足、ストレス、目の疲れ

またパソコンや携帯の画面など凝視する事も関係してきます

 

2つ目が茶クマ

茶クマの主な原因は色素沈着です

乾燥による痒み、化粧品かぶれ、メイクを落とす時に擦ってしまうのも

原因と言われています

また目の下だけではなくまぶたの上の色素沈着もれっきとしたクマです

 

3つ目が黒クマ

黒クマの原因は2つあります

生まれつき目の下の脂肪が少なく加齢により

目の周りの脂肪が萎縮し、影が出来るタイプ

加齢により目の下の眼窩脂肪を支えている筋肉が緩み

眼窩脂肪が出ることでその下にへこみが出来るタイプ

どちらの場合もメイクなどで隠すのは難しく

厚塗りをすると余計に目立ってしまいます

 

そんな気になるクマですが

サロンケアとホームケアでお手入れをしていくのが

一番改善が早い方法です

では実際に家ではどんなお手入れをすればいいのか

ご紹介します

睡眠は十分にとりましょう

できれば7時間摂れるとベストです

睡眠1

パソコンなど目を使いすぎた時は

ホットタオルで目を温め血流を良くしましょう

 

栄養素をバランスよく摂取しましょう

茶クマの場合はメラニンの生成を抑えるビタミンC

青クマの場合は鉄分を多めに摂りましょう

食事

目元の美容液や目元専用パックでケアしましょう

 

アイクリームを使用し、優しくマッサージをしましょう

摩擦は茶クマの原因にもなるので心配な方はツボ押しがおすすめです

 

クレンジング、洗顔は優しく行い、摩擦のないようにしましょう

洗顔

まずは簡単にできる6点からご紹介させて頂きました

自宅でのケアは毎日続けることが大切です

できることから始めてみましょう

 

 

本日の記事担当 中川