【思春期ニキビ】と【大人ニキビ】の違いとは?

Pocket
LINEで送る

思春期ニキビとは?

思春期ニキビとは、10代の思春期にできるニキビです。

成長期において皮脂分泌が過剰になることが主な原因だといわれています。

思春期の頃は、体を作るために成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂が過剰に分泌されるため、

毛穴が詰まりやすくなり、アクネ菌が繁殖しやすくなります。

すると、ニキビができやすくなるのです。

ホルモンバランスが整ってくる20代前後になると自然と、この思春期ニキビはできなくなっていきます。

大人ニキビとは?

大人ニキビとは、思春期を過ぎて大人になってからできるニキビです。

この大人ニキビの原因は、一つに絞れないのが特徴です。

不規則な食生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、スキンケア、化粧品、ホルモンの関係などさまざまな要因が考えられるのです。また、一人ひとり、原因も異なります。

一つの説として、ストレスや不規則な生活習慣からくるお肌のターンオーバーの乱れが、

大人ニキビには密接に関わっているといわれています。ターンオーバーとは皮膚の生まれ変わりのこと。新しい細胞と古い細胞が、約28日周期で入れ替わる、お肌の新陳代謝のサイクルです。

ターンオーバーのリズムは人によって異なりますが、

このリズムが乱れると、古くなった角質が溜まってしまい、

角質層全体が厚くなって毛穴がどんどん狭く詰まりやすくなってしまうのです。

これが大人ニキビへとつながるという説があります。

 

思春期ニキビと大人ニキビの違いは、原因の他にも、できる場所にも見出すことができます。

思春期のニキビは、皮脂の分泌が主な原因であることから、できる位置も、皮脂分泌の多い額や鼻などのTゾーンから頬までと広範囲に渡るのが特徴です。

 

一方、大人ニキビはUゾーンといわれる顎やフェイスライン、そして首筋にかけてできる傾向にあるといわれています。

また、思春期ニキビと大人ニキビは、改善策が異なってきます。

例えば、思春期ニキビに対しては、皮脂の分泌が原因であることが多いため、

皮脂の量と水分量を適度に保つことが肝心だといわれています。

一方、大人ニキビは、生活習慣全般を見直し、ストレスのない生活や規則正しい生活、

健康な食生活を心がけるという対策になるでしょう。