選び方が肝心!日焼け止めの種類について☆/豊橋のエステサロン

Pocket
LINEで送る

こんにちは

紫外線が強くなってきましたね

ご存知の方も多いと思いますが、

肌老化の一番の原因は紫外線です

紫外線には2種類あり、‘‘UV-A‘‘と‘‘UV-B‘‘

UV-Aは肌深部の真皮を傷付け、

活性酸素を発生させるので

肌をたるませ、シワを招きます

UV-Bは肌表面の表皮を傷付け、

肌を黒くさせシミを作り、乾燥を招きます

紫外線ダメージ

 

老化を防ぐには、日焼け止めクリームは必須アイテム

ただ、日焼け止めクリームって肌に有害な添加物が

たくさん含まれているので、大事なのはその選び方です

 

まず、日焼け止めには防止剤として、

主に紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類が含まれています

「吸収剤」⇒【紫外線を肌に到達させないように”吸収”して外に逃がす】

「散乱剤」⇒【細かい金属たちによって紫外線を”反射”させ肌を守る】

肌にとってよくないのは、吸収剤です

 

吸収剤によって「肌荒れ・湿疹・かぶれ・乾燥」などの

症状が強くでることもあります

吸収剤は、紫外線を”吸収”するので、その過程で

それ自体が紫外線に耐え切れなくなって、

おかしな成分を生成してしまうんです

それがまさに”肌に悪い成分”で、結果的に肌荒れだったり

かぶれだったりを引き起こしてしまいます

 

肌にとってやさしい安全な日焼け止めを選ぶには

【紫外線吸収剤】が入っていない『紫外線吸収剤フリー』や

ノンケミカル(散乱剤だけ)』などの安全なものを選んでください

 

【ベーシックな紫外線対策】
アクアヴィーナス サンカットクリーム
¥4,968 (税込) / 40g

ƒTƒ“ƒJƒbƒgƒNƒŠ[ƒ€

SPF25PA++
※ドクターリセラ社はSPF=1を約10分として計算しています。SPF25=約4時間

化粧下地としても最適です
べたつかず、においもきになりません

【メイクの上から】
サンカットシャワー ファンデオン スプレータイプ
¥5,400 (税込) / 50ml

ƒtƒ@ƒ“ƒfƒIƒ“

SPF15PA++
※ドクターリセラ社はSPF=1を約10分として計算しています。 SPF15=150分(2時間半)

化粧の上からできるので、塗り直しに最適です
簡単にどこでもシュッシュッとできるので便利

 

日焼け止めは夏場は必ず必要なアイテムですので

ご自分のお肌にあった、優しい日焼け止めを選んでくださいね

 

ブログ担当スタッフ:山本