やりがちな冷え習慣かも?/豊橋のエステサロン

Pocket
LINEで送る

こんにちは

スタッフの山本です

 

朝・晩の冷え込みがぐっと強くなり

本当に寒い日が続いていますね

冬

保温下着を着用したり、カイロを常備したりと、

冷えがちな身体を守るのも大切ですが

「なぜ自分は冷え症から抜け出せないのか?」

 

その根本的な原因を知って冷えない身体を作ることが

効率的です

 

体を冷やさないようにやっている行為が実は

冷えを悪化させているやりがちNG行為

繋がってしまっている場合も×

 

本日はやりがちなNG行為についていくつかご紹介しますね

 

朝のヨーグルト・サラダ・バナナが内臓の冷えを招く

「冷え症」と聞くと、手足の指先などを思い浮かべる方も多いでしょう

本当に注意したいのは“内臓の冷え”

胃や腸、そして子宮といった重要な器官が冷えてしまうことで

便秘や生理痛の悪化、免疫力の低下などの不調が出てきてしまいます。

そんな内臓の冷えを招いているのが

朝食の定番であるバナナ・ヨーグルト・生野菜などのサラダ

一見、ヘルシーな食品ですが実は身体を冷やしてしまっているんです

起き抜けの体温が低下している時間帯に

熱を生み出すための体内活動はスムーズに始まらず、身体は一向に温まっていきません

朝食時はコップ一杯の白湯を飲んだり

お味噌汁を摂るなど温かい物を

摂るように心がけましょう

 

血が巡らない着圧アイテムを着用する

冷え性やむくみやすい方にとってこの時期手放せない温活

アイテムといえば加圧タイツや、着圧ソックス

中には圧が強くかかりすぎてしまうアイテムも×

衣類による長時間の締め付けは、血液やリンパの巡りを妨げ

更なる冷えやむくみを招いてしまいます

きついヒールやブーツも脚冷えの原因です。

 

 

 アルコールや甘いケーキにもご注意

アルコールや甘いものの飲みすぎ・食べすぎにも注意が必要になります。

アルコールやスイーツに多く含まれている白砂糖は陰性の食品。

これらは身体を冷やす上に依存性も高いので注意が必要です

 

 

私も、知らずに身体を冷やしてること

気付かなかった習慣もたくさんありました

みなさんも気付かずに行っている習慣は

ありませんでしたか?

身体を冷やさないように意識して過ごすことは、冬太り対策にも繋がってくるんですね

 

 

少しずつ見直してみましょう

 

本日の記事担当:山本