【ダイエット】リンゴ型肥満遺伝子の特徴を知ってますか?/豊橋のエステサロン

Pocket
LINEで送る

こんにちは

スタッフ藤本です

甘い

先日、ご案内した遺伝子チェックは

もうおすみでしょうか?

⇓⇓⇓

【ダイエット】遺伝子タイプをチェック♪

 

肥満に関する遺伝子は大きくわけると

3タイプあります。

『リンゴタイプ』『洋梨タイプ』『バナナタイプ』です。

 

 

リンゴ

【リンゴタイプ】正式には

β3AR(ベータ3アドレナリン受容体遺伝子)と

呼ばれ日本人に比較的多いタイプです。

約3人に1人以上の割合

持っているそうです

 

 

 

【リンゴタイプ】遺伝子の特徴

1日あたりの基礎代謝量が、他のタイプと比べて200カロリー分使えない。

糖質を消費する力が弱いので、糖質を食べると太りやすい

内臓脂肪を蓄えがちで、ポッコリとしたウエストが目立ちやすい

ごはんをはじめ、パンやパスタ、ラーメンなどの麺類が大好き

性格的には朗らかで、優しく人と接していても温厚だと言われる

温厚なのに…食事の時間が遅くなると、急にイライラしやすい

などです。

 

 

 

 

【リンゴタイプ】の方は

とにかく、

糖質を分解するのが不得意です。

 

栄養

 

 

 

 

 

その変わり、

脂質をエネルギーにして

燃やすのは得意

 

 

その為、脂質の多いお肉やお魚を食べても、

しっかりと分解してエネルギーとして

消費する事ができます

(勿論、適量摂った場合ですよ)

 

 

お肉もお魚も消費できるリンゴタイプの方に

高たんぱくでビタミンB1が豊富な

豚ヒレ肉は特にオススメ

(苦手な糖分の分解を助けてくれます)

 

 

他にも納豆や豆腐など大豆製品

昆布や青のりなど海藻類なども

摂って頂きたい食品です

 

 

内臓脂肪がつきやすい

【リンゴタイプ】

の方に向いているダイエット方法

 

【運動】

下腹部を中心にお腹まわりの筋肉を鍛える

・足上げ運動

・ジョギング

・水泳

・踏み台昇降運動

 

【食事】

・食事から適度な糖質をとりつつ、

食べる順番を気を付ける。

 

①汁物:体を温め、満腹感を作る

②野菜:食物繊維によって、糖質の吸収を抑える準備をする

③肉や魚:筋肉を作り、基礎代謝を高める

④ごはんやパン:食べ過ぎに気をつけつつ、適量食べる

 

①~④の順番に食べて+糖質の吸収を抑える食材を

食べて頂くこと更に効果的です

 

ごぼう、菊芋、ニンニクなどの根菜類。

特に菊芋がオススメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【遺伝子タイプチェック♪】

【リンゴタイプ】に当てはまった

ダイエット停滞中の方にオススメの

サプリメント記事はコチラです

⇓⇓⇓

【ダイエット】リンゴタイプの方

是非、試されてみてください

 

 

 

 

アンジェリークの

【オリジナルダイエット】では

それぞれのタイプ別にオススメな施術の

ご提案やお食事のアドバイス

簡単に出来るストレッチのご案内も

させて頂いております

【ダイエット】太る原因は運動不足?

【ダイエット】迷ったら、プロにお任せ!(^^)!

 

 

 

今のダイエット方法に迷いが出た時は

0532-53-4900

まで、お気軽にお電話ください

 

 

 

 

 

 

 

次回は、【洋梨タイプ】の方の特徴を

ご案内いたしますね

 

 

(本日の記事担当:藤本)